旦那による『ぶきっちょママ他己紹介』

理系パパ

こんにちは、理系パパです。

ぶきっちょママは生き方がぶきっちょである。

そしてかなりの不幸体質である。

妻の自己紹介を読んだが、「ぶきっちょママ、強く生きる」感が足りない!

ぶきっちょアピールが不足しているので、旦那である私が責任を持って説明していこうと思う。

①これまで車に後ろから3回も追突されたことがある

私より運転がうまいのだが、いかんせん不幸体質でもらい事故が多い。

2回は信号待ちの停車中に後ろから追突され、1回は駐車中に後ろから追突されている。

ちなみに私はこれまで無事故無違反だ。

②新婚早々ぎっくり腰になり、一週間寝込んでいた。

入籍後、引越しを済ませ荷解き作業中、ぶきっちょママはぎっくり腰になった。

全く動けなくなっていたため、私が新婚早々1週間看病した。

理系パパ

私はぎっくり腰である妻を笑わせて、腰に響かせるという極悪な遊びを当時実行してしまった。

③フォロワー5000人のTwitterアカウントを消去

小説ライター用のツイッターアカウントが小説がきっかけで人気になり、フォロワー5000人に到達したが、ツイッターでの付き合いに疲れ、アカウントを消去していた。

消す必要はあったのだろうか? 

私のフォロワーは6人だから、もったいないという感情しかない。

④NOといえない

妻が仕事をしていたとき、お願いされた仕事がどんなものでもNOと言えなかった。

仕事を抱えすぎていつもストレスを溜めていた。

⑤実の親にも気をつかっている

実の親と会話するとき、なぜか緊張している。

⑥自分自身の損を勘定にいれない

自分自身への損が勘定にはいらないため、いつも損な役回りになっている。

⑦くしゃみでぎっくり首になる

ただただ不幸体質である。

理系パパ

妻が日常生活で死なないかたまに不安になる

⑧気を使いすぎて自分をさらけだせない

色んなコトと人に気を使いすぎて、自分をさらけ出せない。

友達をつくるのにいつも苦戦している。

⑨子供のイヤイヤをすべて受け止めようとしている

いつも真面目に受け止めすぎて、精神的に参ってしまっている。

⑩絵が超ヘタ

犬と猫がどちらも同じ絵になる。

理系パパ

ちなみに私もだが。

⑪衝動的に行動してしまう

虫が嫌いすぎて、家の中でカメムシに出会った日に殺虫剤を3本買ってきた。

結局その殺虫剤は、その後一度も使われてない。

⑫教員採用試験の前日に入院

教員採用試験の前日に入院し、試験を受けられなかった。

やはり不幸体質。

⑬トイレペーパーは18ロール以上在庫がないと落ち着かない

我が家はオイルショックが起きても問題なく生活可能だ。

理系パパ

新型コロナでトイレットペーパーが売り場からなくなったときも、なんともなかった

⑭いつも無意識に歌ったり変なダンスをしている

当時付き合ってた頃、「風に〜吹かれて〜うふにゃん」と急に横で歌いだしたときは、何事かと思ったものだ。

いまでは日常となり、私はいつもそれを眺めている。

⑮結婚式の半年前からダイエットに励むが、式の一ヶ月前にリバウンド

なぜあと一ヶ月耐えられなかったのか

⑯しょっちゅう頭をぶつけている

机の下にもぐると3回に1回は頭をぶつけている。

空間認識力が不足している。

⑰形から入ろうとする

このブログを始めるときにMac book Proを買おうか悩んでいた。

理系パパ

リスクがでかすぎる。。。

⑱よく美容院に行きたいと口には出すが実際に行くのは3ヵ月後

電話予約のハードルが相当高いらしい

sumika

これはただただズボラなだけ…

⑲息抜きが下手すぎて、限界まで頑張ってしまう

会社から帰ると、たまに干物のように干からびているときがある。

我が子はその干物に容赦なくちょっかいをかけている。

⑳この記事を読んで爆笑していたが、終盤になって「もう少し私を褒めて!」と言ってきた

理系パパ

これぶきっちょの記事だから。。。

最後に

エピソードはまだまだあるが、これ以上は妻に怒られそうなので、ここまでにしておく。

ぶきっちょママは、今日も強く生きている。

sumika

こんなぶきっちょママですが…
今後とも「ぶきっちょママ」並びに「理系パパ」をよろしくお願いします。

最後までご覧くださりありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする