【hands+ダイアリー2022】主婦・フリーランスにおすすめのシンプル手帳をレビュー

sumika

こんにちは!
みなさん、もう来年の手帳は決めましたか?

主婦ねこ

まだ決めてない~
種類が多すぎて、毎年決めるのに一苦労よ

sumika

わかる・・・!!
素敵な手帳が多すぎて、目移りしちゃいますよね。

そんな中で、「主婦」「フリーランス」の方に特におすすめの手帳・・・

hands+ダイアリー

sumika

新卒当初から「ほぼ日手帳」「トラベラーズノート」と有名処を練り歩いてきた私ですが、最終的にこの【hands+ダイアリー】に行き着きました。

今回は、長年私が愛用しているhands+ダイアリーをご紹介します。

この記事の内容
  • hands+ダイアリーの概要
  • hands+ダイアリーがおすすめの理由
  • hands+ダイアリーの使用感
  • 主婦・フリーランスの手帳術
目次

hands+ダイアリーとは

東急ハンズが独自開発した、オリジナルダイアリーです。

hands+ダイアリーのこだわり
  • シンプル
  • 機能性
  • ド定番

上記に加え、2022年は「女性が持ちやすい柔らかなデザイン」も重視されており、上品且つ使っていて気分が上がる手帳です♪

hands+ダイアリー の種類

hands+ダイアリーの展開は以下の通りです。

サイズ

フォーマット

  • TSマンスリー
    1ヶ月の予定をスマートに管理できる、3ヶ月ごとのチャートシート付きマンスリー
  • ガンチャート
    縦軸に日付・横軸に無記名の方眼になっており、複数の予定管理に適した自由度の高いフォーマット
  • レフト
    見開き左に1週間スケジュール・右にメモスペースがあり、1週間の予定とメモを一括で管理できる
  • タイムスケールブロック
    見開き1ページがそれぞれ十字で仕切られており、1日の記録をたくさん残せる
    プロジェクトリーダーや全体の進捗を把握・管理する方におすすめ
  • バーチカル
    1日の時間が細かく分かれており、1週間の予定を時間ごとに管理できる
  • マンスリー
    見開き1ページで1ヶ月の予定がスマートに管理できる

始まり月

  • 9月始まり
  • 12月始まり
  • 1月始まり

始まり曜日

  • 月曜始まり
sumika

リフィルのみの販売もされており、お気に入りのカバーと組み合わせて自分好みにカスタマイズすることも可能です!

\私が今年購入した組み合わせはコチラ/

購入は東急ハンズ各店舗orハンズネットor楽天市場(東急ハンズ楽天市場店)のみ。

ハンズネットor楽天市場(東急ハンズ楽天市場店)で購入の場合は、送料が715円(税込)かかります。
楽天市場は、東急ハンズ楽天市場店内で5,000円以上購入すると送料無料になります。

hands+手帳がおすすめの理由

フォーマットもカバーも、種類多数

上記にてご紹介しましたが、多種多様なフォーマットが取り揃っています。

自分の働き方・ライフスタイルによって、自分にピッタリのフォーマットを選ぶことができます。

sumika

シンプル故に応用の利くフォーマットなので、自分好みにカスタマイズしていく楽しみも♪

ほぼ日手帳やトラベラーズノートのように組み合わせて使うタイプではないので、全て自分で作り上げたい方には不向きかなと思います。

裏写りしない、書きやすいペーパー

hands+ダイアリーは、この手帳のために開発した「ハンズオリジナルペーパー」が採用された手帳です。

ハンズオリジナルペーパーの特徴
  1. チカチカしない紙の色味
    少し黄色味を加えた、あたたかみのある色
    パッと開いたときに、目の負担が少ないです
  2. 少しザラザラした紙質
    書きやすく、にじみにくく、めくりやすい紙質です
  3. 裏抜けしにくい紙
    一番こだわられた「裏抜け(透けない紙)」
    多少透けますが、ほとんど気になりません

女性が持ちやすい配色が多い

カバーの色が、女性好みのやわらかいパステルカラーが多いです。

カバーはフォーマルとカジュアル、2種類あります。

\ カジュアル /

出典:ハンズネット公式ページ

落ち着いた上品な色味。
ホッと一息つけるような、あたたかみがあります。
この他にも数種パステルカラーあり。

\ フォーマル /

出典:ハンズネット公式ページ

仕事モードにスイッチ切り替えれる、パッキリとした色味。
きちんと感がでる手帳ならこっち!

主婦・フリーランスにおすすめのバーチカルタイプ

主婦ねこ

どうしてバーチカルタイプがおすすめなの?

sumika

それぞれのライフスタイルで、こんなメリットがあるからだよ♪

主婦におすすめの理由

  • 自己肯定感があがる
    マンスリーとウィークリー、どちらも程よく埋まるので、「私、頑張ってる!!!充実してる!!!」と思える
  • 育児記録を書くのに適している
    バーチカルタイプのウィークリーは、時間軸がしっかりしているので育児記録に最適です
  • 土日・祝日も同じ幅の書き込みスペースがある
    主婦にとって、土日こそ何かしら予定が入るもの
    平日と同じだけスペースが確保されている手帳は貴重です

主婦の方におすすめする最大の理由は、自己肯定感が上がるからです。

メモ欄・余白が多すぎてスッカラカンの手帳を見るたびに、「なんてこった・・・何もしてないじゃないか」と落ち込んでいましたが、hands+ダイアリー・・・特にバーチカルタイプ

  • 1日のイベント
  • 1日のサブジェクト
  • チェックリスト
  • 朝・昼・夜の健康管理

上記のように何かしら埋められる仕様になっているので、使っていて充実感を得られます。

フリーランスの方におすすめの理由

  • 仕事の進捗管理がしっかりできる
    1日のToDoリストがウィークリーと一体化されているので、その日のタスクを予定とともに管理しやすいです
  • タイムマネジメントがしやすい
    バーチカルタイプのウィークリーは時間軸がしっかりしているので、「どの仕事に何時間費やしたか」など見える化できる
  • 健康管理ができる
    フリーランスは身体が資本
    朝・夕・夜の食事を書き込む欄があるので、栄養が偏っていないか確認できます
  • 土日・祝日も同じ幅の書き込みスペースがある
    働き方が自由なフリーランスにとって、土日も平日と同等のスペースが確保されている手帳は貴重です

フリーランスの方におすすめの理由は、とにかく管理がしやすいからです。

フリーランスは自己管理が最重要課題です。

sumika

仕事・時間・健康の管理が一冊の手帳で出来てしまう便利さを知ってしまうと、一度手にしたラクさと比べてしまって他を試せなくなります(^^;)

hands+ダイアリーのレビュー

sumika

私の使用しているhands+ダイアリー【バーチカルタイプ】をご紹介したいと思います。

私が使用しているhands+ダイアリー
  • 2021年9月始まり(2022年12月まで)
  • サイズ:B6
  • フォーマット:バーチカルタイプ
sumika

普段なら12月始まりのものを購入していますが、ちょうど9月よりライター業を開始したため、心機一転も兼ねて9月始まりの手帳を購入しました。

マンスリー

縦2.5cm×横2.3cmのマス目。
(右端のメモ欄は縦2.5cm×横7.0cm)

無理なく書き込める大きさです。

右サイドのメモ欄は自由度があって、私は以下のようなことを書いています。

  • 月の目標
  • ライターやブログの記事数管理
  • 仕事の目標
sumika

その週の目標や、覚書・週の総括など、いろいろな使い方が出来そうです♪

ちなみに、マスの余白には自分の欲望・願望を書いています笑

また、前後3ヶ月分のカレンダー(見開き右上)があるのも、ポイント高いです。

ウィークリー

ウィークリーの構成
  • 1日(終日)のイベント
  • 1日のサブジェクト(重要な予定やタスク)
  • 24時間のスケジュールを視覚化
  • TODOリスト
  • 1日の健康チェック
    ⇒私はひと言日記として使用しています
  • メモ欄
  • 前後3ヶ月カレンダー
sumika

その日のスケジュールを時間ごとに見える化できること
そして1日のTODOリストをスケジュールと同時に管理できる点が、個人的にお気に入りです。

健康チェックの欄、私はひと言日記として使用していますが、

  • 朝・昼・夜の食事内容
  • 朝・昼・夜の読書・勉強について
  • 嬉しかったこと・課題に思ったこと

なども書ける、使い勝手の良い欄だなあと思っています。

sumika

この、全体が程よく埋まっていく感じがたまりません・・・!
センスがない人間なので字もまとめ方もヘタっぴですが、お気に入りの手帳なので大事に使っていきたいと思います。

手帳との良い出会いがありますように・・・☆

hands+ダイアリーの種類、魅力、実際に使ったレビューをご紹介しました。

悩まれている方
hands+ダイアリーってどんな手帳なの?と思われている方

この記事が解決の一助となれたら幸いです。

sumika

お気に入りの手帳とともに、良い年をお迎えください♪

最後までご覧くださりありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる