【dyson V8 Slim Fluffy+ ママ視点レビュー】ダイソン掃除機の比較とメリット・デメリット

sumika

こんにちは。
「生活できれば、掃除はほどほどでいいじゃない…」
元々こういう人間のsumikaです。

赤ちゃんがいるご家庭にとって、「掃除」の頻度ってかなり上がりますよね。

我が家も、夫婦二人暮らしの頃と比べて、掃除の頻度力の入れ具合もだいぶ変わりました。

特に私は産後潔癖症状がでたので、それはもう頻繁に掃除機を掛けていたのですが…

毎日のことだからこそ、なるべくストレスなくお掃除したい!

そして願わくば自分の気分が上がる掃除機を使いたい!

そんなこんなで、思い切ってdyson V8 Slim Fluffy+を購入したのですが、これが大正解でした

この記事を読んでわかること
  • 我が家がdyson V8 Slim Fluffy+を選んだ理由
  • 他機種との比較
  • 吸引力検証:ホコリ・ゴミの取れ具合
  • ダイソンのメリット・デメリット
  • 掃除に対するママの視点
  • 楽天と公式サイト、どちらで購入するのが賢いか?
目次

ダイソンを選んだ理由

出典:dyson公式サイト

私は掃除機を買い換える時、他のメーカーを見向きもせずにダイソン一直線でした。

sumika

主人は他メーカーを吟味していましたが、私が猛烈にプレゼンして購入権を勝ち取りました…!笑

優秀なコードレス掃除機を発売しているメーカーは沢山あります。

その中で、どうしてダイソンにこだわったかというと…

かっこいいから!!!!

アホみたいな理由ですが、とにかく憧れてたんです!

家電の中でもトップクラスのブランド性があり、性能も折り紙つき。

元々新婚の時に買った掃除機はコード付きキャニスター型だったので…

次買い換えるときはダイソンにすると心に決めていたのです。

dyson V8 Slim Fluffy+を選んだ理由

さて、ココからは真面目にレビューしていこうと思います。

dyson V8 Slim Fluffy+の魅力

  • 吸引力
  • 軽さ・扱いやすさ
  • 静音性
  • コードレスタイプ
  • 収納に場所を取らない
  • 付属の掃除ツールで布団や車の中も掃除できる
  • 「ダイソン」というネームブランド

以上のことを鑑みて、コストパフォーマンスが最高だったdyson V8 Slim Fluffy+を選びました。

そもそも買い替えを検討した理由は、子供が産まれたことにより諸々の不安が生じたからです。

状況
不安点
  1. 床やラグと近いところで生活する
  2. 子供を抱きながら掃除する
  3. ホコリやゴミを見つけたとき、こまめに掃除したい
  1. ホコリを吸い込みやすい
  2. コード付きキャニスター型掃除機では両手を使うため不可能
  3. キャニスター型では不便

これらの不安を、dyson V8 Slim Fluffy+は全て取り除いてくれました。

ホコリやゴミの吸引力については後述しますが、毎日掃除していても本当にごっそり取れます

また、我が家は4LDKのマンション住まいなのですが、コード付きキャニスター型の掃除機だと3回コンセントを差し替えないと全室に掃除機を掛けられない状態でした。

sumika

これが毎日積み重なると、地味にストレスなんです。

やっぱり、「掃除したい」という時にパッと取り出せる身軽さは大事だなと痛感。

sumika

ダイソンのお陰で、いまはストレス無く掃除できています。

dyson V8 Slim Fluffy+の詳細

dyson V8 Slim Fluffy+の詳細
  • サイズ:高さ210mm×奥行き1123mm×幅250mm
  • 重さ:2.15kg
  • 運転時間:最長40分
  • 充電時間:約5時間
  • クリーナーヘッド:1点
  • 付属品/掃除ツール:6点

この、付属の掃除ツールがまた万能なんです。

出典:dyson公式サイトより

そして、公式サイトから購入すると、上記にプラスして5,500円相当の「フレキシブル隙間ノズル」がプレゼントでついてきます。

他機種との比較

dysonの公式サイトを見ると、何種類もかっこいいコードレス掃除機が並んでいて、本当に迷うんですよね。

今回は、dyson V8 Slim Fluffy+を軸にしながら、私が実際に迷った価格帯が6万円以内の他機種と比較していこうと思います。

dysonの主要シリーズは現在4種類

  • Vシリーズ(V7~V15):数字が上がるほど高スペック
  • Digital Slimシリーズ:軽量化モデル
  • Microシリーズ:最軽量化モデル
  • Omni-glideシリーズ:全方向駆動モデル

シリーズ名の後ろにくっついている英語は、機種名です。
(例:dyson v8 Slim Fluffy+

基本的にシリーズが同じ場合は、本体部分に違いはありません

機種によって、付属品の種類が異なってきます。

ご家庭の掃除事情に合わせて、シリーズ・機種を選びましょう!

私が候補にしていた機種⑤

スクロールできます
Dyson V8 Slim Fluffy+Dyson V7
Slim
Dyson Cyclone
V10 Fluffy
Dyson
Digital Slim
Fluffy Origin
Dyson
Micro 1.5kg
発売年2019年2019年2018年2020年2020年
サイズ高さ210mm
奥行き1123mm
幅250mm
高さ206mm
奥行き1140mm
幅211mm
高さ245mm
奥行き1232mm
幅250mm
高さ233mm
奥行き1100mm
250mm
高さ222mm
奥行き1091mm
幅207mm
重さ2.15kg2.2kg2.58kg1.9kg1.5kg
運転時間最長40分最長30分最長60分最長40分最長20分
付属
掃除ツール
・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・LED調節ノズル
・ミニソフトブラシ
・フトンツール
・収納用ブラケット
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・収納用ブラケット
・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・ミニソフトブラシ
・収納用ブラケット
・フロアドック
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・収納用ブラケット
・ツールクリップ
・ミニモーターヘッド
・コンビネーション隙間ノズル
・卓上ツール
・収納用ブラケット
・ツールクリップ
【公式】
通常価格
64,90045,80059,40053,900
【公式】
特別価格
54,80043,800
【公式】
セール時の
特別価格
49,80032,78043,800
【楽天】
通常価格
54,80043,20057,80059,40053,900
備考値引率がエグい公式っサイトではセール時のみ購入できる機種 安心の運転時間液晶パネル搭載ダイソンで最軽量
吸引力は変わらない
購入時に比較した機種

ダイソンということで、吸引力と機能性についてはどれを選んでも満足いくだろうと思っていました。

この中で最後まで迷ったのが、

dyson V8 Slim Fluffy+Dyson CycloneV10 FluffyV7 Slim

V10Fluffyはフロアドックが魅力的だったし、V7 Slimはとにかく安さに惹かれてました。

でも、最終的に決め手となったのがdyson V8 Slim Fluffy+の

『掃除ツールの多さ』と『軽さ』と『収納性』です。

掃除ツールの多さ

特にフトンドック。
我が家は掃除機の新調の他に、レイコップ(布団クリーナー)も購入しようと思っていました。
赤ちゃんと暮らすようになり、とにかくホコリ・ダニ・ゴミが気になって、可能な限り寄せ付けたくなくて
しかし付属品でフトンドックが付いてくることを知り、レイコップ用に見積もっていた予算2万円ほどが浮くことになり、安いV7 Slimを候補から外しました。

軽さ

息子は小さい頃から抱っこが大好き。
赤ちゃんを抱っこしながら家事をこなしていくことが日常になりつつあったので、片手で操作できる軽さと扱いやすさが魅力的でした。

収納性

我が家はマンションのため、収納スペースが限られてきます。
そのため、収納する際になるべく場所を取らないものを探していました。
新築マンションのため、壁に穴を開けたくないのもあってV10のフロアドックは魅力的だったのですが…
すこし床面積が広いことと、パッと使いたいときに都度掃除機を組み立てるのがズボラな私には面倒に感じてしまいそうだったので、最終的に V8 Slim Fluffy+に決定しました。

sumika

収納ブラケットで壁に穴を開けたくない問題ですが、こちらはtowerのスタンドを使用することで解決しました!

出典:楽天ショップ『roomy』より

純正でなくても、便利なものが沢山ありますね…!

吸引力検証:ホコリ・ゴミの取れ具合

※掃除機で吸ったホコリやゴミの画像が出てきますので、見たくない方は目次バーより次へスキップしてください。

「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」

このキャッチコピーの真偽をお伝えすべく、2日間の我が家のホコリキャッチ量を公開したいと思います。

備考
  • 1年間ほぼ毎日使用
  • 掃除の頻度:1日1回
  • 掃除機をかける広さ:4LDK(100平米くらい)
  • 家族構成:3人+猫1匹
だいたい毎日スマホ半分くらいの大きさのホコリ玉がポコンと出てきます

毎日掃除機掛けていて、毎日この量のホコリが取れるんです。

sumika

一番最初使用した時は、本当に驚きました

それまでは、キャニスター型の掃除機で月一回紙パックを交換してもそんなにゴミが溜まっていない状態だったのに、ダイソンに変えたとたん毎日ゴミの塊が取れるんです。

これを子供が吸ってしまっていたら…と思うとゾッとしました。

使用して感じたメリット・デメリット

 メリット

①吸引力が想像以上にすごい
②1台でいろんな使い方ができる
③掃除の手軽さ
④ゴミ捨てが簡単

①吸引力が想像以上にすごい

前述したように、ゴミやホコリがびっくりするくらい取れます。

ダイソンを購入する前は、掃除機掛けた後ラグやソファの上をコロコロ(粘着クリーナー)していたのですが、ダイソンに変えてからコロコロが必要なくなりました。

フローリングも、裸足で歩いてもザラザラしないんです。

それくらい、床も布地のものも綺麗になります。

②1台でいろんな使い方ができる

ベッドのマットレスソファも、車の掃除もこれ一台で賄えてしまいます。

収納場所が限られていてモノを増やしたくなかったので、一台で何役にもなるダイソンは本当に重宝しています。

③掃除の手軽さ

・充電プラグを抜けばすぐに使用できる
・女性でも片手で操作できる
・トリガーを引いて吸引するので、感覚的に掃除できる

何度も言いますが、元々キャニスター型を使用していたので…

この掃除の手軽さは我が家に「革命」をもたらしました。

掃除後のラグ・ソファーへのコロコロ(粘着クリーナー)が不要になったことや、布団クリーナーへの持ち替えがないことで、時短にもなっていると感じています。

④ゴミ捨てが簡単

出典:dyson公式サイトより

ワンタッチでポンッとゴミが出てくるので、手に触れることも無く簡単に捨てることができます。

ゴミ袋に直接捨てられるので衛生的だし、面倒くさがりな私でも毎日ちゃんと捨てられます!←

そして、フィルターやクリーナーヘッド(ブラシ部分)のお手入れも簡単なので、綺麗が保てています。

 デメリット

①運転時間が短い?
②フィルターのつまみが壊れやすい…
③吹き出す風が気になる

①運転時間が短い?

購入前に一番気になっていたのが、運転時間。

コード付きの掃除機と比べて、コードレスはどうしても稼働時間に制限がついてしまいます。

使用してみた結果

4LDK(100平米ほど)の広さなら、掃除機を使用する時間は10~15分

問題なく家中掃除機を掛けることができています。

②フィルターのつまみが壊れやすい…

これ…私の凡ミスなのですが…

ゴミ捨てのためにダストボックスを持ち上げた時、大抵はコロッと丸まったゴミがポンと出てきてくれるのですが、残った微細なハウスダストを出そうとポンポンと毎回青い部分を叩いていた結果…

フィルターを取り出すツマミ部分が折れましたorz

自分で接着剤でくっ付けたら、白残りしちゃった…(;_;)

さらに焦った私は接着剤でくっつけてしまい残念なことになったのですが…

ダイソンの掃除機は購入から2年間メーカー保証が得られます。

sumika

ダイソンの掃除機は、ポンポンしなくてもちゃんとゴミが出てきてくれるので…皆さんはポンポン叩かないであげてくださいね(^^;)

そして、壊れた場合は修理に出しましょう!

最短3日で返ってくるようです!

ちなみに…
フィルターは公式サイトで1,650円で購入できます!
(楽天では互換品が出回っているようでした)

ダイソン|プレフィルター(買い替え)
sumika

勿体無い性なので、接着剤でくっ付けちゃったけど…
次壊れたら買い換えよう

③吹き出す風が気になる

ダイソンコードレス掃除機は、ヘッド部分から送風されます。

なので身体に風が当たったり、しゃがんで吸引するときに顔に風を感じたりすることがあります。

ダイソンのフィルターは『0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕らえる』と謳われているので、有害な排気ガスでは無いのだろうと思ってはいるのですが、強いて言えば気になる点です。

ダイソン掃除機の購入サイト

公式サイト:品揃えとサイトの見易さは言わずもがな
→セール中は公式サイトが最安値
 直販限定のプレゼントとイベントあり

楽天:dyson楽天市場店があり、取り扱いは豊富
→公式サイトと同価格か、少し高め。
 しかし楽天ポイントが溜まるメリットはあり。
 また、楽天マラソン時やセール等で値下げが頻繁に行われている印象。

Amazon:dyson V7~11の取り扱い有り
→取り扱いされている機種が限定的で、値段も全体的に高め

公式サイト・楽天共に付いてくる特典

  • 3,000円以上は送料無料
  • 使用後も30日間全額返金保証
  • 2年間のメーカー保証
sumika

購入時のセール有無を都度見比べるのが良いかもしれません…!

【公式サイト】Dyson V8 Slim Fluffy+

最後に

Dyson V8 Slim Fluffy+ を購入して1年経ちますが、掃除に対するストレスが本当に無くなったなと感じています。

吸引力とゴミの量が目に見えることで安心感も増し、子供と床で遊んでいる時にずっと気になっていたハウスダストも、抵抗感が薄れました。

たかが掃除機。されど掃除機。

毎日使うモノだからこそ、少しでも心地よく使えるものを見つけるお手伝いができていたら嬉しいです。

最後までご覧くださりありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる