【ルーティン現実編】1歳児とママの一日(平日)「現実ってこんなもんです・・・」

sumika

こんにちは!
1歳10ヶ月の息子を子育て中のsumikaです。

前回、【ルーティン理想編】1歳児とママの一日(平日)副業主婦の時間やりくり方法は?にて、我が家なりの理想の平日スケジュールをご紹介しました。

あくまで理想。

では、現実は・・・?

sumika

ということで、この記事では我が家の現実をお伝えしていこうと思います。

キラキラママ・バリバリワーママに憧れ……でも自分のキャパシティでは到底無理な私。

それでも、家族みんな笑顔で過ごせるなら「まあいっか」と思える。

そんな我が家の日常です。

この記事はこんな方にオススメです
  • 子供とママの一日の現実を知りたい方
目次

平日一日のスケジュール

5:20 目覚まし(sumika)

5:40 起床(sumika)

6:00 起床(夫・息子)

6:30 朝ごはん

7:00 夫 出社・家事スタート

7:30 Eテレタイム

8:30 家事再開

9:00 お家遊び

10:00 外出(買い物・公園等)

11:30 昼食作り

12:00 昼食

13:00 昼寝→PCタイム

15:00 起床(息子)・お散歩

16:00 Eテレタイム・夕食作り

17:00 夕食

18:00 家事

19:00 夫 帰宅・お風呂(息子)

19:30 夫 夕食

20:00 就寝(息子)→PCタイム

22:30 就寝(夫・sumika)

基本理想編のスケジュールを目標に動いているので、平日スケジュールは変わりません。

sumika

ここからどう崩れ、どう修正していくのか・・・
軽い読み物としてお楽しみください!

5:00前後 起床

私のアラームより早く子供が覚醒

sumika

もうこの時点で予定なんてあってないようなものです。

寝たふりを試みるも、髪を引っ張られ顔に乗っかられ、二度寝を促すことに失敗。

子供とともにベッドを抜け出し、リビングへ。

ここで子供から「お馬さんごっこ」攻撃

sumika

寝起きから10分ほど子供の馬として四つん這いで過ごします。

起床後たった10~20分で、HPごりごり削られます。

▼なんとか宥めすかし、おむつ交換・お着替えを完了。

▼すぐに「お腹がすいた」と騒がしくなる子供と、それに加わるねこちゃんを横目に、朝食作りに取り掛かります。

大人のトーストは、ジャム塗るだけバター塗るだけチーズ乗せるだけ

・・・食べられれば何でもいいんです。

sumika

そして自分のトイレや洗面は、二の次です・・・
そのうち膀胱炎になりそう←

5:30過ぎ 夫起床

夫も起きてきてくれて、とりあえずねこちゃんを鎮めるために猫のお世話をしてもらいます。

その後交互にトイレ・洗面を済ませ、食卓に朝食を並べます。

6:00過ぎ 朝食

「いただきます」

6:30 家事

皿洗い・洗濯等の家事をしていると、子供が「うんち出たね~」と報告に来るので、オムツ交換。

ほぼ毎朝決まって朝食後に出ます。

理系パパ

快便Boyで羨ましい限り。

7:00 夫 出社

夫の出社時間なので、2人でお見送り。

このとき、子供は一緒に出掛けたくて靴を履こうと躍起になっています。

イヤイヤ期に入っているので、宥めるのに一苦労です。

見送り後

洗濯物干しを済ませたら自分のスキンケアと化粧を施します。

子供が足元にまとわりついている状態で化粧するので、顔面事故多発

sumika

下半身にじゃれ付かれつつ上半身は微動に留めながらメイク・・・。
体幹が鍛えられます!笑

7:30 Eテレタイム

念願のEテレタイム!!

ここでHPを回復しておかないと後々きついので、ソファに座り全力で休みます。

全力で休みすぎてうたた寝することも・・・。

子供の体操に付き合えないこともしばしば。

sumika

不満そうな顔で手を引かれて、ようやく体を起こして体操に参戦します。

8:30 家事の続き

おんぶしながら掃除機を掛け、クイックルワイパーの柄を取り合い・・・

攻防戦を繰り広げながら掃除するので、スムーズに進みません!

9:00 家遊び→外出

家事を終え一息つこうと座ると、待ってましたとばかりにエンドレス絵本読んで攻撃を受けます。

この時点でへとへとな日は、流れるように「しまじろうDVD」をつけ、一緒に見ます。

お馬さん、おんぶ、かくれんぼ、ボール遊び等、とにかく体を動かす遊びが大好きな息子。

早々に家遊びにキリをつけて外出することが多いです(^^;)

sumika

正直、知育が進みません・・・
でも一応育児本で紹介されている一般的な発達を見せてくれているので、まあいいかと好きに遊んでいます。

お腹すいたアピール

11:30 昼食

帰宅後すぐに昼食作り。

早く食べたくて大泣きの子供の声をBGMに、無心で作ります。

もう、帰ってきたときから空腹で機嫌が悪くなっている時は、レトルトに頼ることもしばしば。

いつもお世話になってます・・・!
sumika

「おにぎり+レトルトおかず」とか・・・
「ご飯にレトルトおかずぶっかけ+気休めの野菜」とか・・・

レトルトのストックは欠かせません!

13:00頃 昼寝

お昼寝の寝かしつけです。

起きるのが早かった日は、ご飯を食べる後からもう眠くてグズりだします。

超特急でお皿洗い済ませて、オムツ替えて・・・子供に手を引かれながら寝室へ。

sumika

食べることと寝ることが大好きな我が息子。
人間の欲求に忠実に生きています。

寝かしつけですが・・・4時・5時起きの日は睡魔に抗えません。

私も子供と一緒に寝落ちします。

14:00頃 PCタイム

寝落ちから覚醒出来次第、PCタイムに入ります。

でもまだ頭が寝ぼけてるから、作業効率は悪いです。

ようやく頭が働きだしたところで子供の起きる時間がくるので、昼間のPCタイムではライターの仕事はほとんど進まない日も多いです。

sumika

昼寝してしまい失ったPCタイムは、だいたい土日に回収します。
家族との時間とライターの仕事・・・天秤にかけても仕方ありませんが、家族との時間は失くさないように、上手いことやりくりしようと試行錯誤しています。

15:00頃 外出

お昼寝して元気いっぱいになった子供。

家の中では体力を余してしまうので、散歩して少しでも発散させようと歩きます。

16:00頃

帰ってきて、Eテレタイム。

sumika

この時間は本当に平和です・・・。

ゆっくり夕食を作りながら、片耳にイヤホン付けてYouTubeAmazon Audibleを聞くなど、「ながら息抜き」を楽しんでいます。

17:00 夕食

「いただきます」

18:00 家事

夕方の散歩から帰ってくるのが遅れたら、この時間に洗濯物を取り込み息子に手伝ってもらいながら畳みます。

がしかし・・・夕食後は子供がグズることが多く、抱っこで過ごすことも多いです。

sumika

・・・何もできない!!

19:00 夫 帰宅

先に子供とお風呂に入ってもらい、私は残っている家事を超特急で片付けます。

こういう日は、ピアノには触れません・・・(;;)

▼その後お風呂から出てきた子供の保湿等をしながら、夕食をとる夫と今日あった出来事などをお話。

sumika

夫が帰ってきてくれると、精神的にだいぶラクになります。

20:00過ぎ

子供の歯みがき・寝る前の絵本を読んだ後、一緒にお片づけ。

sumika

一日掛けて散らかした部屋は、全然片付きません!
「どうせ明日も散らかるんだし・・・」というズボラ精神がひょっこり顔を出してきます。

▼夫に寝かしつけを託して私もお風呂へ。

平日はシャワー派。

  • 軽くお風呂掃除
  • 最低限のスキンケア
  • お皿洗い等残っている家事

これらをできるだけ早く済ませ、PCタイムに入ります。

昼寝してしまった分、ライターの仕事を重点的にタスク消化。

余った時間でこのブログの記事を書いています。

22:30頃

夫によりベッドへ強制連行。

こうしてあっという間に一日が終わっていきます。

家族と自分が笑顔で過ごせるなら、オールOK!

私は決して家事は得意ではないし、立派な育児も出来ていません。

sumika

妻としても母親としても、未熟者です。

予定を立てても、その通りにいくことなんて子供がいたら99%無理。

イレギュラーばかり。

不器用だから出来ないことも多く、いきあたりばったりの毎日です。

でも、家族が笑顔で健康に過ごせるなら、それで良いと思っています。

そして見失いがちですが、自分の心のゆとりも大事にしていかなくてはいけないなと痛感しています。

理系パパ

sumikaが元気で笑ってないと、家が暗くなる。
1人で全部抱え込もうとしないで、一緒にやろう。

以前、「専業主婦なのだから全てを完璧にこなそう」と必死になっていたときに、夫に言われました。

sumika

母親・妻って、自分自身が笑顔で、楽しさを感じながら過ごすこと家庭内の大事な仕事の1つなんですよね。

適度に手を抜きつつ、甘えつつ。

そして甘えさせてもらったことに感謝を伝えながら。

自分自身も楽しみつつマイペースに育児・家事・仕事・趣味に取り組めたら・・・一番最高ですよね。

いくつになっても、ライフステージが変わっても、生き生きと過ごしたいものです。

我が家のハチャメチャな生活が参考になるかは分かりませんが、少しでも気持ちをラクに捉えていただけると嬉しいです!

最後までご覧くださりありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる